2006年10月30日

2005年04月25日

村上春樹 / 象の消滅

今読んでいる本。

昔(中学2・3年のころ)、小説なんて教科書に載っているものくらいしか読んだことがなく、本を読むことなんて面白くないと持っていたころ、『ノルウェイの森』がベストセラーになり、ヨノナカで流行ってるし、なんか小説を読む姿がかっこいいかもしれないという不純な理由で初めて自分で買って読んだのが『ノルウェイの森』だった。

それから20年弱、新しいのも古いのも基本的にはすべて買って読んできた。
新刊が出ないと、本棚から適当に1冊を抜き出して適当に開いたページを読んできた。

だから、今読んでいる『象の消滅』は一部手が加えられているものの、いくつかの本に分かれて載っていた読んだことのある短編が、新しい並び順を得た新しい装丁の本として懐かしさと新鮮な感覚を同時に持ちながら読み進んでいる。
幾分印象が変わったと思いながら読んでいるのは、並び順が変わったことによるものなのか、僕自身が年をとったことによるものなのかは、よくわからないけど。


で、ココからは、完全に自分用にこの本を整理するためのものとしてその出典を書いておくだけです。

■ねじまき鳥と火曜日の女たち
パン屋再襲撃
村上 春樹
文芸春秋 1986-04


by G-Tools



■パン屋再襲撃
パン屋再襲撃
村上 春樹
文芸春秋 1986-04


by G-Tools



■カンガルー通信
中国行きのスロウ・ボート
村上 春樹
中央公論新社 1983-05


by G-Tools



■四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて
カンガルー日和
村上 春樹
講談社 1986-10


by G-Tools



■眠り
TVピープル
村上 春樹
文芸春秋 1990-01


by G-Tools



■ローマ帝国崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵攻・そして強風世界
パン屋再襲撃
村上 春樹
文芸春秋 1986-04


by G-Tools



■レーダーホーゼン
回転木馬のデッド・ヒート
村上 春樹
講談社 1985-10


by G-Tools



■納屋を焼く
螢・納屋を焼く・その他の短編
村上 春樹
新潮社 1984-07


by G-Tools



■緑色の獣
レキシントンの幽霊
村上 春樹
文芸春秋 1996-11


by G-Tools



■ファミリー・アフェア
パン屋再襲撃
村上 春樹
文芸春秋 1986-04


by G-Tools



■窓
カンガルー日和
村上 春樹
講談社 1986-10


by G-Tools



■TVピープル
TVピープル
村上 春樹
文芸春秋 1990-01


by G-Tools



■中国行きのスロウ・ボート
中国行きのスロウ・ボート
村上 春樹
中央公論新社 1983-05


by G-Tools



■踊る小人
螢・納屋を焼く・その他の短編
村上 春樹
新潮社 1984-07


by G-Tools



■午後の最後の芝生
中国行きのスロウ・ボート
村上 春樹
中央公論新社 1983-05


by G-Tools



■沈黙
レキシントンの幽霊
村上 春樹
文芸春秋 1996-11


by G-Tools



■象の消滅
パン屋再襲撃
村上 春樹
文芸春秋 1986-04


by G-Tools



いい短編を集めたよな、というのがまず第一の感想。
『午後の最後の芝生』は僕のフェイバリット。味わいと言うか、間と言うか、そこに流れている空気が実感できる文章がとにかくいい。
『窓」は、題名ではこんな短編あったっけ?と思ったが、これは『バートバカラックはお好き?』だった。
僕が恋に恋していたとき『四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』は、いつか僕にも実際にそういう出会いがあると信じてた。
『納屋を焼く』も名短編だ。
この本におさめられている短編はもちろん、おさめられていない短編にもたくさんいいものがあるから、また、20年近く前に買った本たちを引っ張りだして読もうと思ってる。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | +ホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

子供用の図鑑が欲しい

最近、子供が「どういうこと?」、「どうなってるの?」って聞く回数が増えてきた。

本を読み聞かせしているとき、テレビを見ているとき、話をしているとき、機械に対して何か行為をするとその反応が返ってくるとき、などなどなど・・・。

「あ〜、だんだんと成長してきているんだなぁ」とは思うのだけど、その質問にうまく答えられないことが結構ある。的を得ない回答をすることもある。かえって分かりにくい例えを使って答えてしまうこともある。

そんなときに、あると便利だろうなと思うのが、図鑑と辞書。

何かわからないことがあれば図鑑を調べるか辞書をひけば、少しは理解できるかもしれない。まぁ。親と子のコミュニケーションだから自分のこと言葉で答えてあげるのがいいとも思うけど、図鑑や辞書で調べることもできるって言うことも、教えてあげたい。

だけど、いったいどんな図鑑や辞書がいいんだろう?図鑑とか辞書って選ぶのが難しいなぁ、と思って、イロイロ調べた結果、このあたりがよさそう。


21世紀こども百科 大図解
小学館

関連商品
21世紀こども百科 科学館
21世紀こども地図館
宇宙館
21世紀こども百科
21世紀こども人物館
by G-Tools



三省堂こどもことば絵じてん
三省堂編修所

関連商品
三省堂ことばつかいかた絵じてん
こども もののなまえ絵じてん
こどもきせつのぎょうじ絵じてん
三省堂 こどもひらがな絵じてん
新・絵カードで遊ぼう―名詞・動詞・形容詞で遊べる!
by G-Tools


子供の好奇心に応えるために、まずは買ってみるか。もし、あんまり子供が見なくても、自分で見て楽しめそうだし。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +ホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

どんぐりの芽

去年の秋、近くの公園でどんぐりをとってもたくさん拾ってきた。

大人になると別にどんぐりなんかで喜んだりしないけど、子供はどんぐり拾いだけでもとても楽しい一日を過ごせるので、子供たちと拾いに行き、自転車のかごいっぱいに集めた。

一口にどんぐりといっても、実は結構いろいろな種類があるようで、大きいのは当たり、小さいのでも帽子がついてると小吉、更に2つ繋がっていると中吉、大きいので帽子がついていると大吉、っていう感じで結構楽しく拾い集めた。
どんぐりの帽子って、殻斗(かくと)って言うらしい。

多分、コチラとかコチラで調べてを見る限り、大きいのはクヌギで、小さいくて個人的には一般的などんぐりと認識しているのがコナラとかマテバシイとかではないかと。

過去にもたくさんのどんぐりを集めてきたことがあったんだけど、どんぐりってそのまま放っておくと中から虫がわいてくる。
子供たちはどんぐりをおままごとのアイテムとして利用するので、おもちゃと一緒にしまうと大変なことになる。

なので、使わなくなった古い鍋で茹でて、ざるにあげて干しておきます。こうすると虫がわいてくる可能性は低くなる。(古い鍋で茹でるのは、どんぐりの灰汁が鍋にこびりついちゃうから)
茹でて干したどんぐりは、秋から冬になって、春になった今も子供たちのおままごとの重要アイテムとして活躍している。(投げたりもあり)

去年の秋にあまりにも大量のどんぐりを拾ってきて、茹でるのが面倒くさくなったので、そのまま余っているプランターに入れたままにしておいた。
この間気がついたら10cmくらいの芽が出てて、葉がついてた。もしかしたら芽が出るかもしれないな、とは思っていたものの、プランターにどんぐりを入れたことなど記憶のはるか外にあったので、ほんの少し、得した気分だ。
しばらく育ててみよう。でも、いつになったらどんぐりを収穫できるのかな?

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | +モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

Jazztronik / Horizon

Horizon
Jazztronik ジャズトロニック

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2003-06-25
売り上げランキング : 4,220
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずいぶん前に買ったCDだけど、気持ち良く聴けるのでしょっちゅう聴いている。今日も通勤の車の中で聴いていた。

ジャンルとかはあまり興味がないので良くわからないけど、インストはブラジルちっくだったり、日本語ボーカルものは歌謡曲テイストだったり。
MONDO GROSSOとかそういうのが好きで、聴きやすくてかっこいい系が好きな人は気に入るような気がする。たぶん何かをしながら聞き流す、という感じ。

個人的には2曲目の「アオイアサガオ」とラストのサンバ風な曲が特にオススメ。

天気のいい日に車の窓を全開にしてとか、休みの日に部屋の掃除をしながら聞くシチュエーションが最高に似合うアルバム。


どうでもいいけど、タイトルみると知らない人にはどっちがアルバム名なのかわかんないよね、きっと。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | +モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

GABAの中吊り広告

普段電車で通勤しているんだけど、だいたい本を読んでいるので中吊り広告はあまり見ない。

が、今日は手持ちの読み物がなくて、ぼけーっと中吊り広告を見ていたら、ある広告に目を奪われた。
英会話学校のGABA

どういう広告だったかと言うと、もし英語が話せたら?という質問に対して東京在住の小学生の回答が羅列してあるというもの。

曖昧な記憶に基づいてどんなことが書いてあったか書き出してみると・・・・

《普通な回答》
・全部の国に友達を作る
・これまで読んだ本を原作で読む
・オーストラリアに行ってコアラを抱きたい
・スパイになる。家族にも内緒
・MITに入って発明王になる
・スチュワーデスになって外国にもう一つ家を持つ
まぁ、ここらへんまではある程度わからなくもないです。MITが何なのかわかっているのかはわからないけど、子供らしくもあり、少し大人じみてる気もしなくもなく、という感じ。

もし、これが本当に子供の回答だとしたら、ある意味かなり深いと思うのが以下の回答。

・エイゴリアン
 →エイゴリアンってこのエイゴリアンでしょうか??キノコだよ??

・バイリンガルインコを育てて売る
 →インコってしゃべるんだっけ?君が英語を話せることとインコをバイリンガルにすることの関連がよくわからないけど、高値で売れるといいね。

・大プロレスラーになってメキシコ遠征
 →多分メキシコに遠征するには大プロレスラーでなくても普通のプロレスラーでも可能です。しかも、メキシコはスペイン語圏じゃなかったっけ??

・フルーツを食べながら踊る
 →なんか、HIPHOP系のMusicClipに出てきそうなシチュエーションではありますが・・・

・スーパーボク
 →確かに!!

・レースクィーンと恋に落ちてレースキングになる
 →すごいぞ、5年生。そうだよな、王女と恋に落ちれば王様だよな。もしかしたらレースクィーンと恋に落ちてもキングにはなれないかもしれないけど、それはそれでもいいと思うぞ。
っていうか、別に英語が話せなくてもレースクィーンと恋に落ちることは可能。

結構、個人的には面白い回答が多くて、クスっとしてしまった。
それにしてもこの回答は、子供心を持った子供によるものなのか、子供心を持った大人によるものなのか、ねぇ。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(4) | +ヨノナカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

たまごっちの本

以前たまごっちを買って、めんどくさいながらも育ててるという文章を書いたけど、その後の後日談。
以前の文章

たまごっちを買った後、しばらく上の子は熱中して育ててて、僕もイロイロと調べながらいじってみたら結構はまる。
なんだかわからないが、たまごから孵って、小さなものになって、中くらいのものになって、大きくなって、死んじゃうというライフサイクルがある。
で、どうもイロイロな形の種類もあるみたい。

ということで、今いるものがなんという種類で、どうなるのかがわからないため、解説本を買ってみた。

TJムック『祝ケータイかいツー! たまごっちプラス 育てる!遊ぶ!みんなのケーたま新聞』

宝島社 2005-03-03
売り上げランキング : 62
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これによると、どうもウチの娘のたまごっちは最終的には以下のような種類になったようである。
めめっち ♂

ウチの息子のたまごっちは以下の種類になった。
めめっち ♂

今のたまごっちは通信機能というのがあって、たまごっち同士で通信すると、友達になったり恋人になったりするのだが、この通信機能は我が家では娘と息子のたまごっち間で行われているので、両方ともオスだと恋人同士にはならない。
恋人同士にならないとたまごを産まない。
卵を産まないと次の世代が育たない。

じゃ、いつまでもずっとオスめめっちだけかよ!と思っていたら、おせっかいばあさんが見合い相手を連れてきて、お見合いすると次の世代のたまごが生まれるらしい。

なかなかビミョーなたまごっちである。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(2) | -モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

こどものとも

上の子が0歳児のころからよく絵本の読み聞かせをしてきた。

はじめのうち、自分たちの良く知っているキャラクターの絵本を都度本屋で買ってきて読んだりしていたが、本屋に買出しに行くのも結構面倒だし、本屋に行くと簡単に数時間が経過してしまい、効率が良くない。

そこで、こどものともを購読してみることにした。

こどものとも福音館書店が発行している月刊誌で月齢、年齢別にカテゴライズ(こどものとも0,1,2・こどものとも年少版・こどものとも年中向き・こどものとも)されておりそれぞれの齢にあった(と思われる)絵本が毎月送られてくる。
すでに6年近く続けているので、ウチにはこどものともが約70冊くらいあることになる。

今後も引き続きとり続けようと思っているし、また、下の子にもとってあげようと思い「ちいさなかがくのとも」も申し込むつもり。

子供たちが引き裂いちゃったり、本のかどを齧っちゃったりしているのも多々あるが、それも含めて寝るときのお話の記録として残しておこうと思う。

僕が小さいころに読んだこれらの有名なお話も、みんな、こどものともだったことを、読み聞かせをして初めて知った。

ぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ

福音館書店 1966-12
売り上げランキング : 7,614
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


はじめてのおつかい
筒井 頼子

福音館書店 1977-04
売り上げランキング : 3,013
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しょうぼうじどうしゃじぷた
渡辺 茂男

福音館書店 1966-06
売り上げランキング : 5,207
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by めたふぁ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | +モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

プチビーズピロー / サントリー烏龍茶の販促品

プチビーズピロー さっき、コンビニでサントリー烏龍茶を買ってきたら、 プチビーズピローという販促品がくっついてきた。

「マウスを操作するときに使うといいのである」と書いてあるので、 早速袋を開けて使おうとしたのだが、良くない。

縫製が悪いためだと思うが、 縫い合わせ箇所から中の発泡ポリスチレンビーズという内容物がこぼれ出ている。こういう状態だと使う以前の問題。

最近、PET飲料に販促品としてイロイロなものがついているが、 コレクション的アイテムなら「飲み物についている販促品」をコレクションするということで集めるため(たとえばPEPSIのボトルキャップとか)、 「150円の飲み物にただでついてくる製品」としてのクォリティでよいと思うが、「〜に使える」とか「〜に役立つ」 とか銘打って付属させるのなら、それなりの実用的クォリティを備えて欲しい。
がっかり感も否めないし、即ゴミ箱行きじゃ環境にもやさしくないしあまりにも無駄。

あ〜、がっかり。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | -モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

ペーパーケース

CDやDVDを人にあげるときに便利なモノを発見→●ペーパーケース●

去る3月に娘の幼稚園卒園式があり、その際にそのセレモニーをすべてDVカメラで撮っておいたのだけど、カメラで撮れなかった仲良しご家族さんから今度見せてねと言われ、「よっしゃー、それならDVカメラで撮ったものをDVD-Rに焼いてあげよう」と思い立ったわけですよ。

結構 メ ン ド ク サ イ

だって、DVカメラとDVDプレイヤー(HDD&DVDプレイヤーだったらその後どれだけ簡単だったことか・・・。)をIEEE1394で繋いで、DVを再生→DVDを録画。で、それをテープ3本分。(60分テープの残り+60分テープ1本+60分テープの途中まで)
ここまでやってマスターとしてのDVD完成。
その後に3家族に上げることになったので、マスターをPCでコピー。
このコピーがD&Dで簡単にできるかと思っていたらそういうわけにはいかないようで、B's Recorder等のライティングソフトを使わないとできないと言うことが判明。
運良く、会社の知り合いの人のPCにあると言うことで、わざわざ会社でコピー。
約2時間のDVDをコピーするのに結構な時間がかかり、ようやく完成。

で、焼いてあげたDVDだけど、20枚いくらの個別ケースなしのものだったので、そのままだと渡しにくい。
そんなときに→●ペーパーケース●を発見。

A4の紙を折ってDVDやらCDやらのケースにしようと言うものなんだけど、Web上でタイトルとか、イロイロな項目を入力するとPDFファイルの形でアウトプットされ、それを印刷というもの。
早速やってみると、あら簡単。

なかなかいい具合に完成。
DVD自体にラベルを貼っていないのはご愛嬌ということで、喜んで受け取ってもらえたよ。

posted by めたふぁ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | +モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。